小石川台地の地形 A.変化に富む地形 B.素晴らしい眺望 C.狐の棲んでいた崖
D.庭園物語 E.坂道物語 F.気になる風景 物語リスト 東京の地形 日和下駄通信トップ

小石川台地周辺
B1 B2 B3 B4-1
B4-2

C1 C2
D1 D2
E1 E2 E3 E4
F1 F2 F3 F4 F5 F6

●西から流れる江戸川(神田川)は、かつて平川と呼ばれ、江戸の中心を流れる代表的河川であった。北から流れる谷端川は、小石川植物園の北にある簸川神社から南を小石川といい、また上流で千川上水と結ばれたので、千川とも呼ばれていた。この二つの河川に刻まれて、残った台地が、小石川台地と北側の白山台地である。
●小石川台地の南、江戸川に沿って関口から神田上水が現在の水道端道路の部分を流れていた。後楽園のある水戸屋敷の中を通り水道橋の東で神田川を立体交差し江戸中心部に水を供給していた。水道端地区は日当たりのよい南斜面で小日向(こひなた)と呼ばれる。中央に大きな谷、茗荷谷や小さな谷、鶯谷がある。
●谷端川沿いの谷は、二股に分かれ指のようなので指ケ谷(さしがや)と呼ばれ、たのではないか。